公益社団法人 医学振興銀杏会のご紹介 公益社団法人 医学振興銀杏会のご紹介 公益社団法人 医学振興銀杏会のご紹介

  • 国際学術交流助成
  • 岸本基金奨学助成金
  • 銀杏メディカルネット

公益社団法人 医学振興銀杏会のご紹介

本 忠三 理事長大阪帝国大学医学部の同窓会組織であった学友会は、昭和13年6月に社団法人組織として文部省から認可されました。戦後の中断を経て、昭和30年7月、当時の状況に即した新たな定款にて社団法人の認可を再び受け、社団法人大阪大学医学部学友会として歩み始めました。以来、当法人 は、大阪大学医学部と連携を保ちながら医学の発展に貢献してきました。

社団法人の目的である公益事業をさらに強化するため、平成13年(2001年)10月、法人の名称と定款の変更を文部科学省に申請し認可され、「社団法人医学振興銀杏会」となり、さらに平成23年(2011年)4月1日、公益法人制度の改革に伴い、事業内容および財務内容において公益性の高い法人として認められ、同窓会を母体とする組織としては数少ない「公益社団法人」に認定されました。

公益社団法人医学振興銀杏会は、大阪大学医学部と連携を保ちつつ、医学 教育、医学研究を奨励助成するとともに、会員相互の向上を図り、我が国医学の発展に寄与することを目的とする団体です。